1

長期かつ、
実践的なプログラム

通常のインターンシップは数日で終わる見学・体験型のものが多いですが、本プログラムは1ヶ月~6ヶ月程度の長期インターンシップです。期間が長い分だけ、受入企業が実際に直面している経営課題や地域課題に、実践的に責任を持って取り組みます。

2

コーディネーターによる
サポートが充実

インターンシップをより充実したものにするため、受入企業と学生の間をつなぐ、担当コーディネーターがインターンシップをしっかりとサポートします。インターン期間中に行う定期的な研修や面談で、受入企業と学生双方の目標達成に向けて、きめ細やかなサポートを行います。

3

参加する企業と
学生双方にメリット

受入先は鹿児島に新しい価値を提供する中小企業やNPO法人等です。新規事業や課題解決に対し、本気で取り組みたい学生をマッチングすることで、学生の成長機会となるだけでなく企業にとっても事業を推進する力となります。

インターン開始から終了までの流れ。

11/21
インターンシップフェア参加

12月
マチトビラとの面談&相談座談会やアイディアソン、取材などを通してより企業を知る。

1〜2月
インターン先企業との面接事前研修ののち、
インターン開始!

2〜3月
定期的な研修で
成長を加速!

GOAL!
インターン終了!
成長や成果を振返り

一步踏み出した先輩たちの、インターンシップ体験談!

家づくりをエリア探しからサポート!

私がインターンで取り組んだ事は、将来家を建てるにあたってエリア探しに悩むお客様に向けた、暮らしを見据えた地域体感イベント『はやと歩き』です。
イベントを作るまでが大変で、実際に住んだ時に必要な情報を収集するのはとても大変でしたが、地道な作業が幅広い情報発信へとつながり、とても充実したインターンでした。

インターン生:鹿児島大学4年
インターン先:株式会社住まいず(http://www.sumais.co.jp/)

芋焼酎を日本全国へ

僕は鹿児島の芋焼酎を日本全国の人に気軽に手にとって頂けるインターネットショップ「永禄商店」を立ち上げました。さらに鹿児島のだいやめ文化とともに焼酎を全国に広げるための旅に出ました。チャレンジをして一生懸命取り組むと応援してくれる人がたくさんいるので、まずは1歩踏み出すことが大事だと学びました。

インターン生:鹿児島大学2年
インターン先:大口酒造株式会社(http://eiroku.theshop.jp/)

インターンシップフェア for 2016 SPRING

20151121日(土)
13時→17時(開場12:30)

@鹿児島大学
 対象:大学生 / 大学院生 / 短期大学生 / 専門学校生

さあ、あなたも一步踏み出してみよう。
今すぐ、インターンシップフェアにエントリー!