LINEで送る
鹿児島の求人情報Good Work Kagoshima

保護者の方へ

マチトビラでは、学生の「変わりたい」「社会で戦える武器、目標を持ちたい」「本音で話せる仲間をつくりたい」「将来・就職への不安を解消したい」といった想いに応え、一方で、鹿児島の企業の経営課題や地域課題解決の後押しとなる人材を輩出するため、長期実践型インターンシップ(鹿児島起業家留学)を主要事業として、鹿児島で活動を行っています。

近年では、大学においてもインターンシップが行われ一般的になりつつありますが、広く行われている数日間の職場体験型インターンシップとは異なる長期実践型インターンシップ(鹿児島起業家留学)に不安を持たれる保護者の方も多いと思います。

長期実践型インターンシップ(鹿児島起業家留学)では、これまでに鹿児島県を中心として100名を超える学生、30を超える団体が参画し、その「学生×企業」の協働を延べ25,000時間お手伝いしてまいりました。また、鹿児島市内の主要大学のお力添えもいただき、学生の自己実現に向けて全力でサポートしております。

ぜひ私どもの本事業への思いや取組内容に対して、ご理解とご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

マチトビラのイベントや社内見学について

「長期実践型インターンシップをしてみたいという学生をお持ちの保護者の方」、「既にインターンシップに参加している学生をお持ちの保護者の方」を対象として、長期実践型インターンシップの説明や各種イベントへの参加、マチトビラ社内の見学などを随時行っておりますので、お気軽にお問い合せください。

また、既にインターンシップに参加している学生をお持ちの保護者の方につきましては、インターンシップ修了後に開催する『成果報告会』にご参加いただき、ご子息・ご息女の「挑戦の軌跡」をご覧くださいますようお願いいたします。

学業との両立

長期実践型インターンシップでは、休暇中の目安として「平日週5日/月160時間」、学期中の目安として「平日週2~4日/月90時間」を受入れの基本条件としてお願いしていますが、学期中、長期期間中ともに、学生の講義や部活・サークル活動、アルバイトの時間割を考慮の上、勤務日及び時間の設定を行っています。

また、インターン期間中の学生には専属コーディネーターが付き、学業や部活との両立に関する悩みから日常生活・将来の悩みまで、インターン期間中に直面する課題について、アドバイスができる相談体制が整っています。コーディネーターは日報や月1回の学生・企業・コーディネーターの三者による面談、中間研修などを通じて、インターン生に向き合い、学生の目標実現に向けて導きます。

インターンシップ中のケガなどについて

インターン期間中に発生したケガや事故にもすみやかに対応ができるよう、全てのインターン生は「インターンシップ保険」(加入保険料は受入企業側が負担)に加入します。
インターンシップ保険の詳細については、マチトビラまでお問い合せください。

費用について

長期実践型インターンシップは「労働」ではなく、学生に成長の機会を提供する「研修」プログラムです。そのため給与は発生しません。
また、通勤にかかる交通費などについては、インターンシップ開始前に文書にて必ず確認をした上で、受入企業と学生の双方の責任において取り決めを行います。

Copyright(C) MachiTobira All Rights Reserved.