LINEで送る
鹿児島の求人情報Good Work Kagoshima

魅力的な社会人インタビュー

第6回 有限会社スマイルプラン 代表取締役 山口浩一氏(後半)

第6回のインタビューは、有限会社スマイルプランの山口代表(後半)です。
山口代表にインターン生の玉利さんと今徳さんの成長したポイントや、今後またインターン生を受け入れるとしたら、やってほしいことや期待していることは何かということについてお聞きしました。
‎ ‎
・インターン生の玉利優美さんの記事(前半)はこちら・インターン生の玉利さんの記事(後半)はこちら

・インターン生の今徳春香さんの記事(前半)はこちら・インターン生の今徳春香さんの記事(後半)はこちら

1.山口さんから見て、インターン生が成長したポイントはどこですか。
玉利さんに関しては、笑顔がしっかり出るようになりました。いい笑顔は好感度アップになるでしょうし、友達がもっと増えるんじゃないでしょうか。2人に共通することでは、例えば「こんな時はこんな風にしないといけないよ」と私なりのアドバイスをした時に、それをしっかり考えながら仕事ができるようになりました。私も含めて、みんな出来ないことがあるとどうしても言い訳を見つけてしまうと思いますが、玉利さんと今徳さんも頭がいいですので、そういうことが時々見られました。しかし最近は、出来ないことの言い訳を減らし、アドバイスしたことに対しての取り組み方がしっかりできるようになりました。
私も若い頃はそうだったと思うのですが、「こうしなければいけない」、「こういう風にしたい」ということを頭で分かっていても、それを実践することは簡単ではないと思います。ですから、自分で考えたことをしっかりと出来るようになったのは大きな成長だと思います。

DSC_4388 - コピー

2.2人のインターン生が御社に貢献したことは何ですか?
1つ目は、今回Facebookの「いいね!」数を、まずは30から60まで増やすことを目指してもらい、実際に60にもっていけたこと。そして、できるだけ最終目標の100に近づけていこうと頑張っていて、現在80を超えています。ですから、そういった部分では弊社が今までやりきれていなかったことにしっかり対応してくれました。目標達成に近いところに来ていることを考えると、かなり貢献してくれていると思います。
2つ目に、彼女たちの明るさや頑張りが、社員やパートの刺激となり、いい風を吹かせてくれたこと。やはり人間ってどこかで何かの刺激を求めている訳ですよね。そんな中で、仕事において彼女たちが先輩たちに刺激を与えてくれました。この2つの貢献に関しては、ありがたいなと思っています。

3.社長ご自身が、2人のインターン生から受けた影響はありますか。
私は、この年になっても全然出来上がった人間ではない、ですからまだまだいろんな方から、いろんなことを教えてもらって、もっといい人間に成長していかなければと思っています。見かけも、人間としても、いろんな意味合いで人間に磨きをかけていきたいと思っているんです。
例えば、2人が笑顔をみせてくれると元気になれるので、私も笑顔を見せると社員たちもほっとしてくれるのかなと感じさせてもらえました。こういった若い子たちの頑張りから、「いろんな人たちの影響を受けながら、日々変わっていかないといけないなぁ」という意識を持たせてもらえたと思います。

4.今後またインターン生を受け入れるとしたら、やってほしいことや期待していることは何ですか。
前回のインターン生も、今回のインターン生もですが、マチトビラから来られた大学生は本当に良い方が多いんです。末吉代表をはじめ、コーディネーターの黒田さんやサポートされる方々が良い方だからだと思うのですが、本当に凄く良い学生だなと思っています。そんな学生に来てもらった時、今回でいうとFacebookなどSNSをフォローしてほしいと考えましたが、次に「何を要求するか?」というのは、今は具体的に浮かばないんです。なので、逆に学生からどういう提案をしてもらえるのかなという期待があります。もちろん今徳さんも、あと4ヶ月くらい続くので、どんなことをしてくれるのかなと期待しています。
でも基本的には、明るく元気な子だったらいいと思います。「私は、○○を提案します!」と最初から来たら、きっと続かないですよ。スマイルプランに来てみて、「あ、こういう店なんだ」っていうのを分かってもらえて、その中で「こういうところを改善したい」や「こういうことやってみたらどうですか」と、後付けでもいいので考えてくれたらいいのかなと思います。

5.本日でインターン修了の玉利さんと、あと約4か月インターンを続けていく今徳さんへメッセージをお願いします。
玉利さんは、スマイルプランで何回もお写真を撮ったことのあるお客さんなんです。だから、インターン生というよりは身内っぽく見ていたんです。親でもないのに、成長した玉利さんを見てほしい気持ちがあります。そういう意味でいくと、玉利さんについてはある程度の社会人として基本的なことは教え、できるようになってくれていますから、今後はそれを生かして、別のインターンを是非やってほしいと思います。そして、玉利さんがかなり成長したところを沢山の方々に見てもらいたいと思います。いろんな意味で可愛い子なので、もっと成長してもらって、例えばいい企業で働くなり、いい公務員になるなり、とにかくいい将来に結び付けてほしいです。それが玉利さんへの餞です。
今徳さんは、今まで玉利さんというパートナーがいたわけですが、今後1人でやっていくことになるので、ちょっと寂しくなるとは思いますが、今徳さんらしさを出してもらいながら、気楽に頑張ってもらえればいいですね。その中で、いろいろな提案をしてもらえれば嬉しいかなと思います。

DSC_4345

ーありがとうございました。

・有限会社スマイルプラン

インタビュアー:マチトビラインターンシップ生 﨑山祐衣(鹿児島大学3年)

Copyright(C) MachiTobira All Rights Reserved.