LINEで送る
鹿児島の求人情報Good Work Kagoshima

魅力的な社会人インタビュー

第11回 鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab 理事長 永山由高氏

第11回のインタビューは鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab、理事長の永山由高氏です。
永山さんに、インターン生と接する時に工夫されている点や永山さんがお仕事をなさる上で大切にされていることなどについてお聞きしました。

・インターン生の福元さん、末次さんの記事はこちら

1.今回、インターンシップ生を受け入れていかがでしたか?
2人の『頑張り』が見えた瞬間というのを教えていただけませんか?

取材した翌日には、原稿の第1稿が提出されてくるので、頑張っているなという感じですね。取材の翌日にはチェックができるという状態にしてくれています。
結構きついスケジュールでやっていますが、やる気はあると思うし、責任感もあると思います。

DSC_0203

2.「この子たち、こんなに頑張れるんだ!」と思われた場面を、教えてください。
つい昨日も、全面的な書き直しを末次さんにお願いしました。
昨日が、第1稿を対象者に見てもらう締め切りだったんですけど、その日出てきた原稿があまり構成が丁寧ではなかったので、書き直しを指示しました。
それで、指示した段階で3時だったのですが、その日中に送らないといけなかったので、そこから(インターン生)2人かけて一生懸命再構成して。それで、その日の夜9時には、2パターンの修正原稿が上がって来たので、それをさらに編集会議で打ち合わせをしたんです。
そして、今日の1時、昨日の25時に、修正原稿が上がって来ました。それでOKということで、今朝方、取材対象者に送り返したのですが、、このような感じです。任せた仕事には責任感を持ってやってもらっているなと感じています。

3.インターン生と接する時に工夫されている点を教えていただけますか?
うちは、もうめちゃくちゃ厳しいですよという話を、事前に説明会でもしているので、あんまりインターン生だからどうとかそういう話はしないようにしています。
だから、もう直接大人にお願いするのと同じような仕事を、同じようなレベルで任せているので、インターン生だからという話はあんまりないかな。
まあ、1個気にしているのは、いろんな現場を見てもらおうと思っています。例えば、種子島の宇宙センターとか、司法書士とか、社会保険労務士とか、今から銀行に取材に行くんですけど。そういった、いろいろな現場を見てもらって、それを原稿執筆や、それ以外の動きに生かしてほしいなというのはあります。
ですが、基本的には、大学生とか、インターンだからどうしようって工夫はなくて、1人の大人に仕事を任せるようなニュアンスで仕事を任せていますね。それは、多分、本人たちにも伝わっていると思います。

4.インターン生を受け入れた理由を教えていただけますか?
Ten-Labって、何か正解がある方程式に基づいて仕事をしているではなくて、かつ商品自体も、何か特定の商品があるわけではありません。その時々の社会や地域のニーズとか、お客さんの困りごとを踏まえて、1個1個解決策を積み上げていくっていうのが仕事なんですよ。
その時に、例えば、永山1人の目線とか、今の大人の社会人のスタッフ以外の目線が提供するサービスに織り込まれると、お客さんにとっての満足度が上がるようになると思っています。なので、そういう覚悟のあるインターン生がいたら一緒にやりませんかって言っています。
だから、「シゴトビト」という今回のフリーペーパーも、僕ら大人が作るより、高校生に比較的近い彼女たちが組んだ紙面であることが、その媒体の価値を1番高めると思うので彼女たちに入ってもらっています。

5.永山さんが、お仕事をなさる上で大切にされていることを教えていただけませんか?
それが、『続く仕組み』に育っていくことを、1番大事にしています。
だから、例えば、1人が無理して何かをこなすとか、1人の無茶がその仕事を成り立たせているっていうのは続かないでしょ。
例えば、その無茶が短期的であっても、その1回の無茶によって、その後、2回、3回、4回と続く土台ができますというようなものであったり、お客さんにとってもハッピーで、作った側にとってもハッピーだから、ずっと続いていくという仕組みになっていく。そのような『無理なく続く仕組み』を、商品やサービスに乗せて、世の中に出していきたいと思っています。

6.最後に、御社のインターン生に向けて、メッセージをお願い致します。
いろいろ言いたいことはあるけど。2人がTen-Labに来てくれた事に対して、すごく感謝しています。
だいぶ無理をさせていますが、(2人が来てくれたことを)すごく喜んでいて、かつ『ありがとう』と思っています。

DSC_0210

ーーありがとうございました。

・鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab

インタビュアー:マチトビラインターンシップ生 中野明日香(鹿児島大学 3年)

Copyright(C) MachiTobira All Rights Reserved.