キフカゴネット/かごしま寄附募集支援事業

「もったいない」を「ありがとう」に。食べものとまごころを届ける活動

特定非営利活動法人 フードバンクかごしま/鹿児島市

06.jpg

「もったいない」を「ありがとう」に

まだ食べることのできる食料が世界中で廃棄されています。これらは「食品ロス」と呼ばれ食料自給率や環境保護の観点からも現在注目を集めています。この「食品ロス」を減らし、まだ食べられる食料を必要な人々(震災被災者、児童養護施設、母子家庭、ホームレス等)に無償で届ける、そんな活動、『もったいない』を『ありがとう』に変える取組みが「フードバンク」と呼ばれるものです。この「フードバンク」は45年前にアメリカで始まった取組みで、日本では11年前から活動が開始され、現在、全国約25団体が活動しています。

被災地の人と子供達に何かしたいと思った

鹿児島を拠点に活動する「フードバンクかごしま」は2011年4月に発足。理事長の原田一世さんが東日本大震災支援の一環でフードバンク活動を開始しました。実は原田さんは震災直前に離れて暮らす8歳の娘を事故で亡くされています。「娘と震災で亡くなった人々の姿が重なり何かせずにはいられなかった。それがフードバンクかごしまを立ち上げたきっかけです。」と原田さんは話します。活動を始めて2年、「フードバンクかごしま」は、既に30トンの食料、多くの人々の思いと原田理事長の思いのつまった食料を被災地の方々や児童養護施設の子供達に届けています。

食の王国・鹿児島だからこそフードバンク活動を持続させなければいけない

フードバンクの活動には人員とお金がかかります。しかし、フードバンクの主な活動である「食料提供」では運営資金は捻出できません。より、自然と「運営資金=寄付」に頼る他ありません。ありがたいことに食料の提供を申し出てくれる企業や個人は、地元新聞やTVに取り上げてもらったおかげもあり徐々に増えてきています。ただ、この活動を県内に根付かせ、今後も持続可能な活動にするためには、運営資金の確保は急務です。運営資金、配達用車両、備蓄倉庫など、これらを寄付いただけることで、「フードバンクかごしま」の活動は持続可能になります。食の王国・鹿児島だからこそ、この活動を持続させていかなければならないと思っています。「フードバンクかごしま」の活動を支える寄付をお願いいたします。

団体名
特定非営利活動法人 フードバンクかごしま
活動内容
安全に食べられるのにも関わらず様々な理由で捨てられてしまう食品を企業や個人の方から寄附していただき、日々の食事に事欠く人たちへ無償分配する活動を行う。
URL
http://foodbank.ksnk.org/
住所
鹿児島市易居町1-2 ソーホーかごしま3号室(鹿児島市役所みなと大通り別館6F)
TEL
099-226-9298
MAIL
foodbank@ksnk.org
口座番号
ゆうちょ銀行 一七九支店 当座口座 122835
口座名義
フードバンクかごしま
寄附目標金額
1,000,000円

▽JUST GIVING JAPAN へのリンクページ

オンラインで寄附をする/寄附を集めるチャレンジをはじめる

支援先の情報についてのお問い合わせ

支援先の詳細情報については、各団体に直接お問い合わせください。また寄附・支援をされる前に団体に対して「寄附・支援を検討している○○です」といったご一報を、メールかお電話でいただけますと幸いです。

本事業・本サイトについてのお問い合わせ

本事業・本サイトについてのお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

  • かごしま寄附募集支援事業 事務局(マチトビラ 代表 末吉 剛士)
  • TEL:099-216-8115
  • MAIL:info@socialbrains.jp
  • 住所:鹿児島市船津町1-11-3F Brains Studio内