LINEで送る
鹿児島の求人情報Good Work Kagoshima

インターン参加者の声

『深呼吸したくなる家』から『トイレがキレイ』まで - 想いを込めて届けた25通 -今村有伽さん(前半)

大学・学年:鹿児島大学 2年/ インターン先:住まいず/ インターン期間:2013年8月-2013年10月(短期:3ヶ月)
 ※このインタビューはインターン開始時に行いました。

Q1. インターンシップをどこで知りましたか?
1番最初に鹿児島起業家留学のことを知ったのは、インターンシップに参加している友人から話を聞いてからです。大学2年の初めくらいでした。

Q2. インターンの話をはじめて聞いたとき興味は湧きましたか?
鹿児島起業家留学という活動があるっていうのを知らなかったので、そういうのもあるんだなぁって程度ですね。

自分をもっと高めたい!!!

Q3. では、インターンシップに参加しようと思ったきっかけは何ですか?
インターンシップフェアの時に参加したいと思いました。フェアに参加してみて、自分を高めたいなって思いました。

DSC_0348

Q4. 今村さんが思うインターンシップの魅力は?
社会人の方と実際にずっと接することができる場っていうのは、限られていると思うので、1番手っ取り早くていい方法なのかなって思いました。

Q5. 住まいずさんを選んだ理由は?
 1番の理由は、今までも2、3名ほどインターンシップ生をとられていらっしゃったので、まず学生を受け入れる体制がしっかりしていらっしゃるんだなって思って、不安がだいぶ無くなりここを選びました。
1番の不安は、受け入れ先の方に相手にされないんじゃないかなぁ、っていうのが大きかったです。初めてインターン生を受け入れるところとかだったら、そういう不安についてすごく考えるんです。でも今までの住まいずさんとインターン生の活動を見させていただいた限りでは、体制がしっかりされているように感じたので不安が無くなったんじゃないかなって思います。

Q6. 主な仕事内容(ブログの更新、資料の写真撮影)以外にしている仕事はありますか?
個人的な仕事としては、住まいずさんに森や木に関する本、文章の作り方の本などを貸していただいたので、読んで勉強もしています。

Q7. 住まいずさんの雰囲気はどうですか?
今ちょうどインターンシップの中間くらいの期間で、色んなことに慣れつつあります。仕事とかにもいい意味で慣れるっていうのもあるんですけど、空間にも慣れてきているからインターンが終わってからがすごく寂しいだろうなっていうのは大きくです。
なかなかこんないいところはないと思うので。

Q8.インターンをしていて1番楽しいことはなんですか?
1番楽しいのは、ブログを読んでくれた人の数が出たときですね。

Q9. 住まいずさんにどんな貢献ができたらいいですか?
1番の貢献は、住まいずのブログのアクセス数を増やして、会社自体に興味を持ってもらえることかなって思います。
個人的なことですけど、自分のブログの更新を楽しみにしてくれている人がいるようにブログを書けたらいいなって考えています。

ちゃんと言葉に残して、一歩ずつ進歩していきたい!!!

Q9. 残りのインターンシップへの意気込みを教えて下さい
残りのインターシップ期間、すごくあっという間に過ぎていくと思うんです。ちゃんと言葉に残して活動をして、1つずつ進歩していけたら企業さんにも多く貢献できると思うので、最後まで気を抜かずにやり切りたいなって思います。

DSC_0423

ーありがとうございました。

取材:マチトビラインターンシップ生 土屋慧(鹿児島国際大学2年)
2013/09/5(thu)

Copyright(C) MachiTobira All Rights Reserved.