LINEで送る
鹿児島の求人情報Good Work Kagoshima

インターン参加者の声

天文館を歩きまわって、『ラーメンマップ』を作りました!!!ー岩本朋子さん、吉元麻衣さん

大学・学年:岩本朋子さん 鹿児島大学 2年、吉元麻衣さん 鹿児島大学 2年/ インターン先:Kyaraかごしま/ インターン期間:2012年8月-2012年9月(短期:2ヶ月)

割と長いスパンの計画と伺ったので、長期的に販売できたらいいなと思っています。

Q1. 今、インターン先でどのような仕事をしていますか?
吉元さん 主な仕事は、店内業務です。朝からの出勤でしたら、店内の掃除から始めて、お客さんの接客や対応と商品の販売をしています。午後から出勤した時は、最初に天文館通りのゴミ拾いをして、それから店内業務をします。
岩本さん(吉元さんと)ほぼ同じことと、さらに私は、「ラーメンマップの作成」を主にやっていきます。
吉元さん私には、授産施設(鹿児島県授産施設協議会)の方が作られた食器などをここ(天文館にぎわい通り大学)で販売するというプロジェクトがあります。田之脇さんというスタッフの方がもう動き始めているので、それをお手伝いする形になると思います。
まだ、先方の返事待ちの段階なのですが、OKをいただき次第、(商品の)種類や数、展示の仕方などを考えて、PR活動をしていきます。割と長いスパンの計画と伺ったので、長期的に販売できたらいいなと思っています。

IMG_2604 - コピー

「あっ、こうやってやるんだ」というのを、何となくつかんだ気がします。

Q2. お仕事をする上で、大変なことはありますか?
岩本さん この前、「ラーメンマップを作ろう」というイベントがあって、それに参加させていただきました。実際にお店に食べに行って、「ここには、こんなお店があったよ」、「どういうお店だったよ」というようなデータ収集をしました。麺の太さやスープ、値段やお客さんの数、席数など結構細かい所を見ました。
ラーメン好きなコアなファンの方をゲットしたいです。
あと、私は、鹿屋に連れて行ってもらって、「営業」というものを初めてやらせていただきました。でも、その時、どう立ち回ればいいかなかなか分からなくて。(他の方々が)名刺交換をしてらっしゃる時も、「私はどうするの?」という感じでした。
でも、とりあえず(やり方を)見せていただいて、「あっ、こうやってやるんだ」というのを、何となくつかんだ気がします。

Q3. 実際にインターンを始めてみて、どのように感じていますか?
岩本さん 私たちは(鹿児島)県外出身なので、天文館を知ろうという活動から始まりました。正直、思っていたよりも楽しいです(笑)。(今まで)知らなかったことばっかりですし。勉強しないといけないといけないなとも思っています。

Q4. 県外から見て、鹿児島の天文館はいかがですか?
吉元さん 鹿児島の街は、アットホームな感じがあります。実際に、街歩きをしてみて、人とのコミュニケーションがとれる所がいいなと思いました。
岩本さん天文館の中に歴史的建造物があって、そこも魅力の1つかなと思いました。

Q5. インターン中に、2人にとって何が励みになりますか?
岩本さん(ここは)お客様と関われる場所なので、(お客様に)アドバイスさせていただいて、「じゃあ、(おすすめされた場所に)行ってみるわ」と言っていただけるような交流が励みになると思います。
そして、お客さんを増やすことも考えないといけないなと思いますね。
吉元さん「お客さんの役に立ったな」と感じることができたら、それが励みになると思います。

IMG_3045

ーありがとうございました。

取材:マチトビラインターンシップ生 中原 志織
2012/8/23(thu)

Copyright(C) MachiTobira All Rights Reserved.